オリジナル看板で、あなたらしいお店づくり
東京、神奈川トータルショップデザイン「SIGNPOST」

  • 会社概要
  • Q&A
  • 相談する
  • 046-244-0268

スタイルのあるお店づくりのヒント

  • twitter
  • Facebook
  • Instagram

BLOG

2019年07月22日

イタリアの看板3

引き続きイタリアの看板シリーズです。
北から南まで様々な場所で撮られた写真たち、今回は純粋なサインが多めです。
それでは見てみましょう。

 

 

とあるバス停のサイン、下の会社名の書体が逆イタリック体になっているのが斬新です。
もともとのロゴタイプなのか、どのような意図でこうなったのかは不明ですが、
なかなか見ないので目に留まりました。

 

美術館内のサイン。
火のミニマルな表し方がイタリアっぽいです。
非常口マークも火から逃げているように見えるので、その関係性も良いですね。

美術館のインフォメーションボード。
開館時間や催し物についての情報が記載されています。
近づいてみるとレゴブロックのような素材を組み合わせて出来ています。
非常にクリエイティブかつ、状況に応じて組み替えられるのエコでもありますね。

 

 

とあるオステリアの小窓。
Le routard (フランス版世界の歩き方のようなもの)やご当地ワインが飾られています。
店内が少しだけ見えるのが粋ですね。

 

画廊のファサード。
派手さはありませんが横に飾られた木に絵が描いてあるのが可愛らしく、洒落ています。

 

 

フェリーのチケット売り場。
シンプルかつ大胆なファサードで業態もわかりやすいです。
仕切りのポールとの配色も合っていて、
まさに海の近くに相当しいファサードデザインだと思います。